グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



Home >  フォーラムとは >  過去の開催テーマ >  平成24年度 第17回

平成24年度 第17回


「超高齢社会を支える健康長寿科学とセルフケア」をテーマに、2012年11月16日(金)~17日(土)の2日間にわたり開催しました。

基調講演「食品成分によるアルツハイマー病の予防効果」のほか、「機能性食品の臨床応用」、「地域住民のセルフケアを支える多職種ケアチームの展望」、「在宅医療・介護をどう支えるか」などのセッションが行われました。

開催日 2012年11月16日(金)~11月17日(土)
会 場 11月16日(金):日本平ホテル
11月17日(土):静岡県コンベンションアーツセンター「グランシップ」
テーマ 超高齢社会を支える健康長寿科学とセルフケア
主 催 静岡健康・長寿学術フォーラム実行委員会(静岡大学、浜松医科大学、静岡県、静岡県立大学)
共 催 薬食国際カンファレンス(ICPF)実行委員会

第1日目:11月16日(金)

◆開会挨拶
川勝 平太(静岡県知事)
木苗 直秀(静岡健康・長寿学術フォーラム実行委員会 委員長/静岡県立大学 学長)

基調講演「食品成分によるアルツハイマー病の予防効果」

座長 野村 靖幸(横浜薬科大学 前薬学部長)
講師 ルーシー サン ファング(国立台湾大学大学院 教授:台湾)

セッションⅠ(ICPFセッション4)「果実類などの健康増進作用」

座長 バーバラ N. ティンマーマン(カンサス大学 教授:アメリカ合衆国)
森本 達也(静岡県立大学 薬学部 教授)
講演1 「柑橘類果皮由来のノビレチンは、 抗認知症機能性食品への応用のための重要な化合物になる可能性がある」
講師:大泉  康(東北大学 名誉教授/静岡県立大学 特任教授)
講演2 「果実および果実を原料とする飲料の健康増進効果」
講師:マーゴット スキーナー(オークランド大学 理学部 教授:ニュージーランド)
講演3 「高齢者の健康とQOLの維持におけるタイ産ハーブ類の有用性」
講師:バングオーン スリパニドクルチャイ(コンケン大学 薬学部 教授:タイ)

ポスターセッション

協賛:ゼリア新薬工業株式会社

特別講演「疲労の科学と抗疲労食品・製品開発」

座長 今井 康之(静岡県立大学 薬学部 教授)
講師 渡邊 恭良(理化学研究所・分子イメージング科学研究センター センター長/
大阪市立大学大学院 医学研究科・システム神経科学 教授)

セッションⅡ(ICPFセッション5)「機能性食品の臨床応用」

座長 ホセ パブロ ウエルバ(ミラノ モンツィーノ心臓病センター 部長:イタリア)
山田 浩(静岡県立大学 薬学部 教授)
講演1 「機能性食品クルクミンによる心不全の分子標的治療」
講師:森本 達也(静岡県立大学 薬学部 教授)
講演2 「機能性食品を用いた生活習慣病型癌患者に対する統合的介入」
講師:前田 和久(大阪大学 医学系研究科 准教授)
講演3 「イタリア人と日本人におけるシンバスタチンの生物学的利用能に対する緑茶飲用の影響」
講師:ホセ パブロ ウエルバ(ミラノ モンツィーノ心臓病センター 部長:イタリア)

セッションⅢ(ICPFセッション6)「機能性食品の規制科学」

座長 渡邉 裕司(浜松医科大学 医学部 教授)
講演1 「日本における食薬区分について」
講師:合田 幸広(国立医薬食品衛生研究所 生薬部長)
講演2 「相互作用か否か、それが問題だ;食品、ダイエットサプリメントと医薬品」
講師:インソック キム(米国食品医薬品局 臨床薬理専門官:アメリカ合衆国)

パネルディスカッション「薬食研究の最近の進歩と将来展望」

座長 ヨハン ガーセン(ユトレヒト大学 薬学部 教授:オランダ)
野口 博司(静岡県立大学 薬学部 教授)
パネリスト バーバラ N. ティンマーマン(カンサス大学 教授:アメリカ合衆国)
マーゴット スキーナー(オークランド大学 理学部 教授:ニュージーランド)
バングオーン スリパニドクルチャイ(コンケン大学 薬学部 教授:タイ)
ルーシー サン ファング(国立台湾大学大学院 教授:台湾)
ヤング サー(ソウル国立大学 薬学部:韓国)
ホセ パブロ ウエルバ(ミラノ モンツィーノ心臓病センター 部長:イタリア)
インソック キム(米国食品医薬品局 臨床薬理専門官:アメリカ合衆国)
合田 幸広(国立医薬食品衛生研究所 生薬部長)
◆交流会 ※ポスター賞の表彰式を含む

第2日目:11月17日(土)

セッションⅣ(実務セッションⅠ)
「地域住民のセルフケアを支える多職種ケアチームの展望」

オーガナイザー 合田 敏尚(静岡県立大学 食品栄養科学部 教授)
講演1 「ふじ33プログラム実践教室の取り組み」
講師:佐藤 圭子(静岡県健康福祉部 健康増進課 総合健康班 班長)
講演2 「食べることを支援するための摂食・嚥下機能の評価」
講師:菊谷 武(日本歯科大学 教授/口腔リハビリテーション 多摩クリニック 院長)
講演3 「地域包括ケアシステム構築の課題と展望」
講師:木村 隆次(日本介護支援専門員協会 会長)
討論とまとめ

ランチョンセミナー「長寿社会 を支えるフードサービス」

協賛:株式会社H+B ライフサイエンス
座長 市川 陽子(静岡県立大学 食品栄養科学部 准教授)
講演 「ここが違う『乳果オリゴ糖』の凄さ」
講師:西村 良徳(株式会社H+Bライフサイエンス 東京本部学術部 取締役部長)

セッションⅤ(実務セッションⅡ)「在宅医療・介護をどう支えるか」

オーガナイザー 松田  純(静岡大学 人文社会科学部 教授)
講演1 「在宅医療に必要なこと-訪問看護師の立場と、在宅で家族を看取った遺族の立場の両面から」
講師:内海 純子(医療法人社団 爽秋会 爽秋会仙台訪問看護ステーション 所長)
講演2 「最高に幸せな生き方と死の迎え方」
講師:内藤 いづみ(ふじ内科クリニック 院長)
講演3 「看取りを支える死生観の問題-北欧社会との比較を通して」
講師:竹之内 裕文(静岡大学 創造科学技術大学院 教授)
討論とまとめ

セッションⅥ(県民フォーラム)「健やかな長寿のためのセルフケア」

座長 神原 啓文(静岡県立病院機構 理事長/静岡県立総合病院 院長)
講演1 「食による健康長寿」
講師:合田 敏尚(静岡県立大学 食品栄養科学部 教授)
講演2 「健やかな長寿のためのセルフケア」
講師:渡邉 裕司(浜松医科大学 医学部 教授)
講演3 「ヘルシートーク『笑いが運ぶ健康長寿』」
講師:枝廣 篤昌(新居浜精神衛生研究所附属豊岡台病院 院長/
   社会人落語二代目名人 芸名「芸乃虎や志」)