グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



Home >  フォーラムとは >  過去の開催テーマ >  平成19年度 第12回

平成19年度 第12回


概要

開催日 平成19年10月19日(金)~20日(土)
会 場 静岡県コンベンションアーツセンター「グランシップ」(静岡市)
テーマ 光を当てて、こころとからだの危険をさぐる
-21世紀COEプログラム(メディカルフォトニクス)からの発信―
主 催 静岡県、静岡健康・長寿学術フォーラム組織委員会
共 催 21世紀COEプログラム推進拠点(浜松医科大学)

第1日目:10月19日(金)

◆開会挨拶
石川 嘉延(静岡県知事)
廣部 雅昭(静岡健康・長寿学術フォーラム組織委員会 委員長/静岡県学術教育政策顧問)

セッションⅠ「からだを光で見る」

座長 間賀田 泰寛(浜松医科大学 光量子医学研究センター 教授)
奥 直人(静岡県立大学 薬学部 教授)
講演1 「光で見る細胞の活動と死」
講師:山本 清二(浜松医科大学 光量子医学研究センター 准教授)
講演2 「こころとからだの分子が見える」
講師:間賀田 泰寛(浜松医科大学 光量子医学研究センター 教授)
講演3 「ナノ粒子でからだを見る」
講師:奥 直人(静岡県立大学 薬学部 教授)
講演4 「近赤外蛍光イメージングシステムの開発と医用応用」
講師:三輪 光春(浜松ホトニクス株式会社 中央研究所 主任部員)
特別講演 「ナノテクノロジーを使った癌のイメージング及びその検出」 <日英同時通訳>
講師:シャオフー ガオ(ワシントン大学 バイオエンジニアリング学部 講師:アメリカ合衆国) 

セッションⅡ「病気の始まりと光の手当て」

座長 椙村 春彦(浜松医科大学 医学部 教授)
山口 建(静岡県立静岡がんセンター 総長)
講演1 「がん病理組織の染色体異常の検出」
講師:椙村 春彦(浜松医科大学 医学部 教授)
講演2 「癌が悪化する仕組み」
講師:北川 雅敏(浜松医科大学 医学部 教授)
講演3 「細菌と免疫細胞の攻防戦略を見る」
講師:小出 幸夫(浜松医科大学 医学部 教授)
招待講演 「大気中微粒子の健康影響:ナノ粒子の毒性学」
講師:武田 健(東京理科大学 薬学部 教授)
特別講演 「外科手術用近赤外光イメージングシステム」<日英同時通訳>
講師:ジョン V フランジオーニ(ベス・イスラエル・ディーコネス医療センター、
   ハーバードメディカルスクール 准教授:アメリカ合衆国)
講演4 「子宮癌の新しい光治療法」
講師:金山 尚裕(浜松医科大学 医学部 教授)
◆交流会

第2日目:10月20日(土)

セッションⅢ「こころの科学は今」

座長 福田 敦夫(浜松医科大学 医学部 教授)
武井 教使(浜松医科大学 子どものこころの発達研究センター 特任教授)
講演1 「こころの様子を唾液で調べる」
講師:髙木 邦明(静岡県立大学 薬学部 准教授)
招待講演 「脳に光をあてて分かる物体イメージの脳内表現」
講師:谷藤 学(独立行政法人 理化学研究所 脳科学総合研究センター 脳統合機能研究
   チームリーダー)
講演2 「塩素イオンはどのように脳の機能を変えるか?」
講師:福田 敦夫(浜松医科大学 医学部 教授)
講演3 「こころの病気の理解のための動物モデルとPETで診る子供のこころ」
講師:武井 教使(浜松医科大学 子どものこころの発達研究センター 特任教授)
特別講演 「こころのイメージング:幻聴の神経画像法による研究」<日英同時通訳>
講師:フィリップ マグワイア(キングズカレッジ精神医学研究所 教授:イギリス)

セッションⅣ(県民フォーラム)「こころとからだの健康長寿」

座長 寺尾 俊彦(浜松医科大学 学長)
廣部 雅昭(静岡県学術教育政策顧問)
講演1 「からだとこころに光を当てる」
顧問:寺川 進(浜松医科大学 副学長)
講演2 「脳と心を見る-赤ちゃんからお年寄りまで脳の光信号を読み解く-」
講師:小泉 英明(株式会社 日立製作所 役員待遇フェロー)
講演3 「天寿がんと自然死」
講師:北川 知行(財団法人 癌研究会 癌研究所 名誉所長)
講演4 「光で見る夢の健康」
講師:晝馬 日出男(浜松ホトニクス株式会社 常務取締役)

お問い合わせ先

静岡県立大学 静岡健康・長寿学術フォーラム実行委員会事務局
電話:054-264-5156 FAX:054-264-5157
お問い合わせフォームからのご連絡はこちら >>お問い合わせフォームのページへ