グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



Home >  フォーラムとは >  過去の開催テーマ >  平成18年度 第11回

平成18年度 第11回


概要

開催日 平成18年10月20日(金)~21日(土)
会 場 静岡県コンベンションアーツセンター「グランシップ」(静岡市)
テーマ 自然からの恵み“薬食同源”
-21世紀COEプログラム(先導的健康長寿学術研究推進拠点)からの発信―
主 催 静岡県、静岡健康・長寿学術フォーラム組織委員会
共 催 21世紀COEプログラム推進拠点(静岡県立大学)

第1日目:10月20日(金)

◆開会挨拶
石川 嘉延(静岡県知事)
廣部 雅昭(静岡健康・長寿学術フォーラム組織委員会 委員長/静岡県学術教育政策顧問)

セッションⅠ「 機能性を有する食品と薬の相互作用を知る」

座長 山田 静雄(静岡県立大学大学院 薬学研究科 教授)
衛藤 英男(静岡大学 農学部 教授)
招待講演 「フラボノイド-薬物間相互作用:ABCトランスポーターに対するフラボノイドの作用」<日英同時通訳>
講師:マリリン モリス(ニューヨーク州立大学 薬学部 バッファロー校 教授:アメリカ合衆国)
講演1 「がん医療現場におけるサプリメントの現状と問題点」
講師:大野 智(金沢大学大学院 医学系研究科 特任助教授)
講演2 「前立腺肥大に伴う排尿障害に対するノコギリヤシ果実エキスの改善作用」
講師:山田 静雄(静岡県立大学大学院 薬学研究科 教授)
講演3 「γ-アミノ酪酸(GABA)の脳機能に及ぼす影響」
講師:横越 英彦(静岡県立大学大学院 生活健康科学研究科 教授)

セッションⅡ「 新しい疾病予防食品の開発と活用をめざす」

座長 今井 康之(静岡県立大学大学院 薬学研究科 教授)
小林 裕和(静岡県立大学大学院 生活健康科学研究科 教授)
講演1 「潜在する細菌性新興感染症の予防防御への挑戦」
講師:大橋 典男(静岡県立大学大学院 生活健康科学研究科 教授)
講演2 「糖質関連物質のウイルス感染阻害効果」
講師:鈴木 隆(静岡県立大学大学院 薬学研究科 教授)
講演3 「植物ポリケタイド生合成遺伝子の生物多様性を利用した新規化合物の創成」
講師:野口 博司(静岡県立大学大学院 薬学研究科 教授)
招待講演 「植物葉緑体におけるワクチン及び生物薬剤の生産とそれらの経口投与」<日英同時通訳>
講師:ヘンリー ダニエル(中央フロリダ大学 生物分子・微生物学科 教授(理事職):
   アメリカ合衆国)
講演4 「植物細胞を用いた薬効・機能性成分の生産」
講師:小林 裕和(静岡県立大学大学院 生活健康科学研究科 教授)
講演5 「高機能食品をめざした粘膜免疫による抗体の作製と植物抗体への応用」
講師:今井 康之(静岡県立大学大学院 薬学研究科 教授)
◆交流会

第2日目:10月21日(土)

セッションⅢ「チーム保健・医療における食品・医薬品の利用と連携を考える」

座長 合田 敏尚(静岡県立大学大学院 生活健康科学研究科 助教授)
山田 静雄(静岡県立大学大学院 薬学研究科 教授)
はじめに 「栄養と薬剤の専門職の連携への基盤とは」
合田 敏尚(静岡県立大学大学院 生活健康科学研究科 助教授)
招待講演 「人々が健康と長寿を促す上で栄養専門職が担う全世界的な役割と責任」<日英同時通訳>
講師:リヴァ トゥガー デッガー(ニュージャージー医科歯科大学 准教授(臨床栄養学):
   アメリカ合衆国)
講演1 「栄養ケア・マネジメント改革と臨床栄養師研修」
講師:杉山 みち子(神奈川県立保健福祉大学 栄養学科 教授)
講演2 「臨床栄養領域における機能性食品成分の有用性-医師の視点-」
講師:熊谷 裕通(静岡県立大学大学院 生活健康科学研究科 教授)
講演3 「医薬品とサプリメントの相互作用情報をいかに活用するか-薬剤師の視点-」
講師:賀川 義之(静岡県立大学大学院 薬学研究科 教授)
総合討論・まとめ

セッションⅣ「疾病診断のための新しいバイオマーカーを探る」

座長 奥 直人(静岡県立大学大学院 薬学研究科 教授)
寺川 進(浜松医科大学 副学長、研究・社会貢献担当)
招待講演1 「メタボローム解析-ゲノム情報と環境の相互作用を解析する-」
講師:西岡 孝明(京都大学大学院 農学研究科 応用生命科学専攻 教授)
講演1 「生体機能性分子の迅速高感度評価システムの構築」
講師:豊岡 利正(静岡県立大学大学院 薬学研究科 教授)
講演2 「酸化ストレスに関連したバイオマーカーの探索」
講師:中山 勉(静岡県立大学大学院 生活健康科学研究科 教授)
招待講演2 「細胞の増殖・分化・死のメカニズム解明のための微小流体を用いた研究」
講師:高山 秀一(ミシガン大学 バイオメディカル工学科 助教授:アメリカ合衆国)
講演3 「メタボリックシンドロームのバイオマーカーとしての高分子量アディポネクチン」
講師:中野 泰子(昭和大学 薬学部 助教授)
講演4 「がんの診断・治療を目的とした分子マーカーの探索」
講師:奥 直人(静岡県立大学大学院 薬学研究科 教授)

セッションⅤ(県民フォーラム)「『薬食同源』から健康長寿を楽しもう」

座長 廣部 雅昭(静岡県学術教育政策顧問)
寺尾 俊彦(浜松医科大学 学長)
はじめに 「『薬食同源』が意味するもの」
廣部 雅昭(静岡県学術教育政策顧問(COE21拠点アドバイザー))
基調講演 「食事で健康を守る」
講師:謝 敏琪(株式会社 星福薬膳企画 代表取締役社長(薬膳アドバイザー))
講演1 「こどもの食育と大人の食育」
講師:古旗 照美(オフィスしょく スポーツ代表)
講演2 「食物と薬の相性診断-静岡県立大学からの発信-」
講師:木苗 直秀(静岡県立大学大学院 生活健康科学研究科 教授 (COE21拠点リーダー))
総合討論 県民との意見交換
まとめ 「『薬食同源』の未来」
寺尾 俊彦(浜松医科大学 学長)

お問い合わせ先

静岡県立大学 静岡健康・長寿学術フォーラム実行委員会事務局
電話:054-264-5156 FAX:054-264-5157
お問い合わせフォームからのご連絡はこちら >>お問い合わせフォームのページへ