グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



Home >  フォーラムとは >  過去の開催テーマ >  平成10年度 第3回

平成10年度 第3回


概要

開催日 平成10年12月11日(金)~14日(月)
会 場 静岡県コンベンションアーツセンター「グランシップ」(静岡市)
テーマ がんへの挑戦:進歩と希望
主 催 静岡県、静岡健康・長寿学術フォーラム組織委員会

第1日目:12月11日(金)

◆開会挨拶
石川 嘉延(静岡県知事)
星 猛(静岡健康・長寿学術フォーラム組織委員会 委員長/静岡県立大学 学長)

【学術会議】セッションⅠ「がん治療の新戦略」<日英同時通訳>

座長 岡田 昌二(静岡県立大学 名誉教授)
講演1 「進歩するがん治療」
講師:山口 建(国立がんセンター研究所 細胞増殖因子研究部 部長)
講演2 「新しいがんの生物学と薬剤、そして臨床へのアプローチ」
講師:ブルース A. チャブナー(マサチューセッツ総合病院 血液学・腫瘍学部 部長:
   アメリカ合衆国)
座長 入村 達郎(東京大学 教授)
講演3 「がん新薬開発の新戦略:ゲノミックス、プロテオミクス、及び生物情報科学」
講師:ジョン N. ワインスタイン(国立がん研究所 分子薬理学研究室 主任研究員:アメリカ合衆国)
講演4 「新規ターゲツト抗がん剤の開発-radicicol及びその誘導体について」
講師:玉沖 達也(協和発酵工業株式会社 医薬総合研究所 研究推進室 室長)
座長 齊藤 恵實(静岡県立大学 教授)
講演5 「アポトーシスを抑え血管新生を促すがん遺伝子の働き」
講師:ロバート S. カーベル(トロント大学 医薬病理生物学研究室 教授:カナダ)
講演6 「硫酸化糖脂質の抗がん転移機能」
講師:鈴木 康夫(静岡県立大学 薬学部 教授)
講演7 「がん転移初期機構のインビボ解析と転移抑制」
講師:奥 直人(静岡県立大学 薬学部 教授)
座長 桑野 信彦(九州大学 教授)
講演8 「血管新生阻害によるがんの抑制」
講師:マイケル S. オライリー(ハーバード医科大学 子供病院 研究員:アメリカ合衆国)
講演9 「消化器がん転移に対する抗血管新生療法」
講師:今野 弘之(浜松医科大学 第二外科学 助教授)
講演10 「T細胞認識がん抗原を用いた新しい免疫療法の開発」
講師:河上 裕(慶應義塾大学 医学部 教授)

第2日目:12月12日(土)

【学術会議】セッションⅡ「新しいがんの化学予防と治療資源を求めて」
<日英同時通訳>

座長 野口 博司(静岡県立大学 教授)
講演11 「がん化学予防の最前線」
講師:若林 敬二(国立がんセンター研究所 がん予防研究部 部長)
講演12 「がんの形成・成長におけるお茶の抑制効果」
講師:アラン H. コニー(ラトガース薬科大学・ニュージャージー州立大学 化学生物学部 部長:
   アメリカ合衆国)
座長 黒田 行昭(国立遺伝学研究所 名誉教授)
講演13 「お茶に含まれる発がん抑制/制がん物質の探索」
講師:原 征彦(三井農林株式会社 食品総合研究所 所長)
講演14 「海洋生物由来の制がん物質探索」
講師:上村 大輔(静岡大学・名古屋大学 教授)

ポスターディスカッション

【学術会議】セッションⅢ「がん診断・治療の新技術」<日英同時通訳>

座長 星野 稔(静岡県立大学 教授)
講演15 「遺伝子診断の夜明け」
講師:馬場 正三(浜松医科大学 名誉教授)
講演16 「DNAマイクロチップ(microarray)による集団の遺伝子解析」
講師:マイケル E. ホーガン(ベイラー医科大学 分子生理・生物物理学部 教授・生物物理学科
   科長/ジェノメトリクス社 主任科学者:アメリカ合衆国)
講演17 「光化学治療の基礎」
講師:寺川 進(浜松医科大学 光量子医学研究センター 教授)
座長 田中 栄一(浜松ホトニクス株式会社)
講演18 「3D画像診断の進歩」
講師:森山 紀之(国立がんセンター中央病院 放射線診断部 部長)
講演19 「粒子加速器を利用した新たなアプローチ:放射光と陽子線」
講師:盛 英三(東海大学 医学部 助教授)
講演20 「生体分光と光CT」
講師:山下 豊(浜松ホトニクス株式会社 中央研究所 主任部員)
◆閉会挨拶
岡田 昌二(静岡健康・長寿学術フォーラム実行委員会 委員長/静岡県立大学 名誉教授)

第3日目:12月13日(日)

ワークショップ「がん転移研究の進歩」<英語>

座長 鈴木 康夫(静岡県立大学 教授)
奥 直人(静岡県立大学 教授)
はじめに 鈴木 康夫(静岡県立大学 教授)
シンポジウム1 「がんの転移におけるインテグリンの役割」
講師:松浦 成昭(大阪大学 医学部 教授)
シンポジウム2 「がん転移-血管新生因子の関与」
講師:桑野 信彦(九州大学大学院 医学系研究科 教授)
シンポジウム3 「がんの浸潤転移の糖鎖生物学:内在性レクチンとムチンとの分子相互作用」
講師:入村 達郎(東京大学 薬学部 教授)
シンポジウム4 「セレクチン、ムチンとがん転移」
講師:アジット バルキ(カリフォルニア大学 サンディエゴ校 医学部 教授:アメリカ合衆国)
シンポジウム5 「セレクチンとそのリガンド(PSGL-1)との相互作用」
講師:ロジャー P. マックエバー(オクラホマ大学 健康科学センター 医学部 教授:
   アメリカ合衆国)
シンポジウム6 「がん転移におけるシアル酸含有糖鎖の役割」
講師:神奈木 玲児(愛知がんセンター研究所 病理学第2部 部長)
シンポジウム7 「がん転移関連接着分子CD44の役割」
講師:宮坂 昌之(大阪大学 医学部付属バイオメディカル教育研究センター 教授)
おわりに 奥 直人(静岡県立大学 教授)

【県民フォーラム】「がんへの挑戦:進歩と希望」<日本語>

◆開会挨拶
岡田 昌二(静岡健康・長寿学術フォーラム実行委員会 委員長/静岡県立大学 名誉教授)
座長 今堀 和友(東京大学 名誉教授)
特別講演 「がん研究の歴史」
講師:杉村 隆(国立がんセンター 名誉総長)
特別講演 「最適ながん医療を受けるには」
講 師:山口 建(国立がんセンター研究所 細胞増殖因子研究部 部長)
座長 小出 五郎(NHK解説委員)
特別講演 「癌と患者について」
講師:寛仁親王殿下
◆閉会挨拶
星 猛(静岡健康・長寿学術フォーラム組織委員会 委員長/静岡県立大学 学長)

第4日目:12月14日(月)

静岡アジアがん会議1998

テーマ アジアにおけるがんの現状と将来<英語>
講師等 国外参加12ヶ国13名
国内参加5名

お問い合わせ先

静岡県立大学 静岡健康・長寿学術フォーラム実行委員会事務局
電話:054-264-5156 FAX:054-264-5157
お問い合わせフォームからのご連絡はこちら >>お問い合わせフォームのページへ